エントリーモデルと最上位モデルの違い

導体素線の細さ、絶縁物や シースの材質、絶縁体の撚りピッチなどが違います。


また、最上位モデルになるほどケーブルを製造する際の工程が多く、

完成させるのに多くの時間を要します。