ロボットケーブルと汎用ケーブルの違い

ロボットケーブルは、例えばロボットのアーム部配線やケーブルベア内部配線など、

繰り返し移動を行う様な過酷な環境で使用される事を想定して設計されたケーブルです。
 

そのため、導体撚りピッチや絶縁体撚りピッチを細かくしたり、

柔軟性のある材料を使用したりして、

屈曲時にケーブルにかかってくる力を逃がすよう工夫されており、

汎用ケーブルには無い屈曲良好性を実現しています。


また、汎用ケーブルを過酷な屈曲環境で使用した場合、

断線の問題が起こってしまいますので、

その様な過酷な環境ではロボットケーブルの使用が推奨されています。